ロゴ

いま話題のクラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、アイデアやプロジェクトなどの実現のために、不特定多数の人からインターネットサイトなどを通じて資金調達する方法です。ひと昔前は、個人や資金の足りない企業はよりよいアイデアやプロジェクトを持っていても実現することは困難でした。しかし、現在はインターネットを通じて呼びかけることで必要な資金を調達し夢を現実のものにすることが可能な時代となりました。

クラウドファンディングのはじめ方

グラフ

クラウドファンディングサイトに登録し審査を受ける

クラウドファンディングにて資金調達を考えている場合には、クラウドファンディングサイトを利用するのがスムーズです。クラウドファンディングはPR力が大切なため、登録者数が少なかったり実現されたプロジェクトが少ないサイトは避けましょう。登録とあわせてプロジェクトの審査をするサイトもあるため、プロジェクト内容をしっかり考えた上で登録しましょう。

プロジェクトページを作成する

審査に通ったら公開するプロジェクトページを作成します。資金援助してくれる人へのリターンも考えます。サイトによっては、スムーズな資金調達ができるようサイト担当者からアドバイスを受けることも可能です。

プロジェクトを公開し資金調達をする

プロジェクトを公開したら、より多くの人に知ってもらい支援してもらえるようPR活動を積極的に行いましょう。

募集の終了と結果の確認

プロジェクトでは応募期間があり目標金額も設定します。期間が終了したら目標金額を達成していても達成していなくても、支援者へお礼のメッセージを送りましょう。

プロジェクトの実行とリターンの配布

調達した資金を元にプロジェクトを実行します。経過報告など、支援者への報告も忘れずに行いましょう。また、プロジェクトで約束したリターンの配布も忘れずに行ないます。

クラウドファンディングを利用して夢の実現を目指そう

グラフ

クラウドファンディングサイトを利用すれば簡単にはじめられる

良いアイデアがある、やりたいことがあるけどお金が足りない、そんな時に助けとなるのがクラウドファンディングです。個人でSNSを活用し援助を申し出るということも可能ですが、しっかりとした知識を持っていないと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。クラウドファンディングサイトであれば、登録しプロジェクトページを作成するだけで、簡単に安心してクラウドファンディングをはじめることができます。

電光掲示板

クラウドファンディングで気をつけること

個人であっても資金調達が叶うクラウドファンディングですが、募集する際には気をつけるべきことがあります。まず、クラウドファンディングサイトの審査が通ったからと言って、必ずしも目標の資金が達成できるとは限らないということです。自分にとってどんな素敵なプロジェクトでも価値を決めるのは支援する側ということを理解しておきましょう。資金が調達できなかった理由を分析し、よりよいプロジェクトにして再度募集をするのもひとつの方法です。また、資金調達したプロジェクトは、必ず実行する必要があります。約束したリターンの配布も必ず実行します。信頼関係がすべてのクラウドファンディングのため、個人の勝手でプロジェクトをやめてしまうようなことがないよう、責任感を持ってプロジェクトに臨むことが大切です。

広告募集中